第16回原発と敵基地攻撃、立ち位置探る野党 朝日東大調査に見る10年

有料会員記事参院選2022

小木雄太
[PR]

 政権と反対の立ち位置をとる立憲民主党、現実対応として方針転換した日本維新の会、政権の立ち位置へと傾く国民民主党――。参院選候補者に対する朝日新聞社と東京大学・谷口将紀研究室との共同調査で、原発政策と敵基地攻撃への賛否に着目すると、「巨大与党」に対する野党像を模索する3党の姿が浮かび上がった。

 3党が似た傾向を示した財政出動などの政策もあるが、原発を「廃止すべきだ」か「電力源の一つとして保つべきだ」については、維新は「どちらとも言えない」の中立派が83%を占めた。初めて参院選に臨んだ2013年は同種の質問で「電力に占める原発の比率を30年代までにゼロにすべきだ」派67%、「保つべきだ」派14%だった。

 中立派が大きく増えた変化は維新も自認する。松井一郎代表は参院選が公示された6月22日の演説で「使用済み核燃料の処理を解決するまではフェードアウトと言っていたが、政治は目の前の現実に向き合い、みなさんの生活を守ることが政治家の役割だ」と原発再稼働の必要性を訴えた。

敵基地攻撃「賛成」、維新は自民より高く

 13年に野党第1党だった旧…

この記事は有料会員記事です。残り517文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載朝日・東大共同調査(参院選2022)(全30回)

この連載の一覧を見る