東京海上日動、同意ない転勤を撤廃へ 「遠隔通勤もOK」その狙い

有料会員記事

江口英佑
[PR]

 東京海上日動火災保険は、社員が同意しない転勤や転居を2026年までになくす方針を決めた。共働きの家庭の増加に配慮するためという。転勤を敬遠する若者に向けてアピールし、良い人材を採用しやすくしようとする狙いもある。損保最大手の同社の動きをうけて、今後、業界内で同じような取り組みが広がる可能性がある。

 東京海上には国内や欧米、アジアにおよそ250の拠点がある。この全拠点に転勤や転居の可能性がある「グローバルコース」に所属する社員約6千人(東京本社が2千人、地方や海外赴任が約4千人)が新しい制度の対象となる。

 具体的には、事前に転勤の可否や勤務地の希望を詳細に聞き取り、異動の発令時に本人の同意を得られるようにする。

 グローバルコースに所属する…

この記事は有料会員記事です。残り304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。