昨年度の税収67兆円、2年連続で過去最高 歳出も膨張

有料会員記事

筒井竜平
[PR]

 2021年度の国の税収が前年度より6兆円ほど増えて約67兆円となり、2年連続で過去最高を更新したことがわかった。主要な三つの税の所得税法人税消費税がいずれも増えた。ただ、コロナ対策などで歳出も膨らんでおり、財政状況はむしろ悪化している。

 法人税と所得税はいずれも2兆円以上増え、それぞれ約14兆円、約21兆円となる見通し。

 法人税は、コロナ禍からの経済回復や、円安による輸出企業の好業績を受けて増えた。まだ業績が低迷する中小企業もあるが、もともとその多くは赤字で法人税を納めていないため、税収への影響は小さい。大企業から株主への配当が増えたことなどで、所得税も伸びた。

 消費税は個人消費の回復に加え、年度後半の物価上昇の影響もあり、1兆円ほど増えて約22兆円になる見通しだ。

 20年度の税収は60兆82…

この記事は有料会員記事です。残り203文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら