第15回本気で参院が抵抗するとどうなる 政治学者が語る「有権者は自覚を」

有料記事参院選2022

聞き手・池田伸壹
写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 「衆院のカーボンコピー」と言われることもあれば、「強すぎる」と評されることもある参議院。そもそも、なぜ、この国に参議院が必要なのでしょうか。二院制にどんな意味があるのか。政治学者として、国会の役割や首相の指導力を研究している政策研究大学院大学教授の竹中治堅さんは、参議院が生まれた1947年からの歴史的な経緯を分析し、その著作「参議院とは何か」で大佛次郎論壇賞を受賞しました。投開票を目前に控えるいま、日本の二院制や今回の参院選の持つ意味について、聞きました。

1971年生まれ。旧大蔵省勤務を経て2010年より現職。著書に「参議院とは何か」(大佛次郎論壇賞)「コロナ危機の政治」など。近刊に「『強国』中国と対峙するインド太平洋諸国」(編著)。

 ――参議院をめぐっては、衆院の決定を後追いする「カーボンコピー」だという見方と、強すぎるという見方がありますが、どっちが本当ですか。

 「教科書では『衆院の優越』…

この記事は有料記事です。残り1343文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載問われる民意2022(全17回)

この連載の一覧を見る