第3回失踪した技能実習生、月1万円の食費 バラ色でない日本で肩寄せ合う

有料記事参院選2022

細川卓
[PR]

 居間の床に敷いたシート上に鳥の手羽先、イワシのトマト煮、ゆでキャベツ、厚揚げが並んだ。

 6月中旬の午後8時すぎ、神奈川県内の一軒家の一室。ここに住む5人のベトナム人が肩を寄せ合った。「一日の最後の楽しみ」という発泡酒を冷蔵庫から取り出した男性は、「食事以外はお金を使わない。今日は少しおかずが多いね」と笑った。

 5人は型枠工事の会社で週6日働く。夏の現場は暑さによる食欲の減退と節約のため、昼食をとらずに働くことも多い。夕食時だけが「ゆっくりできる時間」だという。

困窮する食卓

 止まらない格差拡大に、コロナ禍と物価高が追い打ちをかけている。「食べるものがない」「食事を減らしている」。参院選で経済対策が争点となる中、生活に苦しむ人々の「食」の現場から、日本の貧困の現実を見つめた。

 一軒家は会社の寮で、家賃は1人あたり月3万円。光熱費も別に必要だ。1カ月の食費は1人1万円で、肉や魚を食べるのは週に3回程度。全員、技能実習生として来日したが、3人は前の会社から逃げ出した「失踪者」だ。

 34歳の「ファン」と名乗る男性は3年前に来日し、埼玉県内でとび職として働いていた。

 日常的に同僚から繰り返しいじめを受けた。車で現場から帰る途中、リュックと水筒を投げ捨てられ、無理やり車から降ろされたこともあった。

 それでも「我慢するしかない」と耐えていたが、給料が月18万円から12万円に減らされた昨年8月、「これでは生きていけない」と失踪を決めた。技能実習生は原則、勤務先を変更する自由がないためだ。

 来日前にベトナムの送り出し…

この記事は有料記事です。残り564文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]