LNG供給止まれば…苦境の冬に 読み間違えた「カントリーリスク」

有料会員記事ウクライナ情勢

友田雄大
[PR]

 ロシアのプーチン大統領が、日本の商社も出資するロシア極東の液化天然ガス(LNG)・石油開発事業「サハリン2」の運営を、ロシア企業に譲渡するよう命令する大統領令に署名した。こうした動きをどう見ればよいのか。日本のエネルギー供給にどんな影響を及ぼしうるのか。国際大学の橘川武郎教授に聞いた。

 まったく予測できない話ではないが、起こらなければいいな、と思うことが起きてしまった。もし供給が止まれば大問題だ。

 代替のガスの確保は難しい。天然ガスの価格は侵攻前から上がっていたし、日本は昨年決定したエネルギー基本計画で、世界に向けて天然ガスを大幅に減らすと宣言するような内容を決めた。

 他国が「日本が買わないなら…

この記事は有料会員記事です。残り661文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら