香港覆った「習氏歓迎」 「50年不変」の約束は25年で破られた

有料会員記事

香港=奥寺淳
[PR]

 香港が英国から中国に返還されて25年。中国共産党が、香港の社会制度や生活様式は「50年不変」とした約束は、折り返しを待たずして破られた。中国の習近平(シーチンピン)国家主席は1日の演説で一国二制度についての解釈を示し、高度な自治に優先して香港への「全面的な統治権」があると強調した。中央の支配が浸透する中で、異を唱える民主派の声はかき消されている。(香港=奥寺淳

 6月30日午後、5年ぶりに香港を訪れる習氏が乗った高速鉄道が、西九竜駅にゆっくりと入ってきた。

 「歓迎歓迎、熱烈歓迎」

 香港人が日常的に使う広東語ではなく、中国の標準語が響く。プラットホームに並び、赤い中国国旗と香港の旗を懸命に振るマスク姿の小学生や招待された人たち。合唱するかのように10分以上、終始満面の笑みで歓迎する、香港であまり見られなかった中国式の出迎えが繰り広げられた。

習氏の訪問を盛り上げようと躍起に

 香港では、政府や中国に近い…

この記事は有料会員記事です。残り1820文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら