海が見たくて…酒気帯び運転で看守部長を停職6カ月 大阪刑務所

浪間新太
[PR]

 大阪刑務所(堺市)は1日、酒気帯び運転をしたとして、看守部長の男性(53)を停職6カ月の懲戒処分とし、発表した。

 同刑務所によると、男性は今年1月19日未明、和歌山県すさみ町内で酒気を帯びた状態で自家用車を運転したとして、警察に道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで検挙された。道路脇の縁石にぶつかる自損事故で、けが人はいなかった。調査に対し、「海が見たくなった。いったん寝て自分はしっかりしていると思って運転した」と認めたため、処分したという。

 同刑務所の柿添聡所長は「国民の矯正行政への信頼を著しく損ねたことを深くおわびする」とのコメントを出した。(浪間新太)