米、ウクライナに追加軍事支援 高性能地対空ミサイルシステム2基

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=下司佳代子
[PR]

 米国防総省は1日、ロシアの侵攻を受けるウクライナに8億2千万ドル(約1100億円)の追加の軍事支援をすると発表した。ノルウェーと共同開発した高性能の地対空ミサイルシステム(NASAMS(ネイサムス))2基を提供する。ウクライナの装備を、旧ソ連型から北大西洋条約機構(NATO)のものに置き換える狙いがある。

 NASAMSは、ホワイトハウスや連邦議会議事堂などが集まる米首都ワシントンの防衛にも使われている。同省高官は「ウクライナが旧ソ連式の防空システムから移行し、最新技術を導入できるように支援することが重要だ」と話した。

 今回の支援には他に、射程の長い高機動ロケット砲システム(HIMARS(ハイマース))用の弾薬や、敵の砲撃位置を特定する対砲兵レーダー4基、大砲用の弾薬などが含まれる。

 ウクライナのゼレンスキー大…

この記事は有料会員記事です。残り167文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら