中国従業員、米利用者データに「アクセス可」 ティックトックCEO

有料会員記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 中国発の動画投稿アプリ「ティックトック」の周受資・最高経営責任者(CEO)は6月30日、米上院議員あての書簡で、一部の中国の従業員による米国の利用者データへのアクセスが可能だと明らかにした。中国政府へのデータの提供は「求められてもしない」と否定したうえで、米国の利用者のデータ保護を強化していると強調した。

 米ネットメディア「バズフィード」は6月、ティックトックの中国の親会社バイトダンスの従業員が、米国の利用者の機微情報に何度もアクセスしていたと報じた。報道を受け、上院議員ら9人がティックトック側に質問状を送っていた。

 周氏は議員あての書簡で、中国の従業員による米国の利用者データへのアクセスを認めつつ、強固なセキュリティー対策やデータの重要度による社内の承認を経ておこなっていると主張。世界でサービスを展開するため、中国の従業員が、公開された動画やコメントなど一部の米国の利用者データに引き続きアクセスできると説明した。バズフィードの報道は「不正確な主張を含んでいる」と反論した。

 中国政府に米国の利用者デー…

この記事は有料会員記事です。残り205文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら