アマゾンプライム、2クリックで解約可 欧州で簡素化、日本は対象外

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 欧州連合(EU)の行政を担う欧州委員会は1日、米アマゾンの有料会員サービス「アマゾンプライム」の解約手順を簡素化することで同社と合意したと発表した。同サービスの解約をめぐっては、複雑な手順がEUの消費者保護法に違反するとして、消費者団体などが対応を求めていた。

 アマゾンプライムを解約する場合、「様々な特典がご利用いただけなくなります。よろしいですか?」「キャンセルする前に月間プランをご検討ください」などの表示が出るほか、複数の手順を踏まないとできないしくみになっている。ノルウェーの消費者団体は昨年の報告書で「消費者を有料サービスに縛り付けるため、不明瞭で巧みに操るような設計になっている」などと指摘していた。

 欧州委によると、アマゾンは今回、「解約ボタン」をよりわかりやすく表示し、クリック2回で解約できるよう手順を簡素化するという。アマゾンの広報担当者によると、対象はドイツフランスなど欧州だけで、日本は対象外だとしている。(サンフランシスコ=五十嵐大介

  • commentatorHeader
    藤井涼
    (CNET Japan編集長)
    2022年7月2日22時29分 投稿
    【視点】

    まずは欧州からとのことですが、サブスクに限らず、長年にわたり続いてきた、入会しやすく退会しづらいウェブサービスの契約の在り方が見直されるのはいい流れだと思います。日本でもサブスクをスムーズに解約できるように、5月25日に改正消費者契約法が成