世界遺産の5グスク「御城印」が勢ぞろい 色もデザインもこだわり

有料会員記事沖縄はいま

福井万穂
[PR]

 ユネスコ世界文化遺産に登録されている沖縄本島の五つのグスク(城)で、登城記念証となる「御城印」が6月までに全てそろった。

 御城印は、全国各地の城が独自に制作。お城や歴史好きのほか、旅行の記念品としても人気を集めている。

 2000年に「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として世界遺産に登録されたグスクでは、20年の中城(なかぐすく)城(中城村)を皮切りに、勝連(かつれん)城(うるま市)や座喜味(ざきみ)城(読谷村)でも相次いで制作された。沖縄の本土復帰50年を迎えた今年5月、首里城那覇市)が新たに発売。6月に今帰仁(なきじん)城(今帰仁村)も続いた。

 首里城の御城印は、書を愛したとされる琉球国王・尚育の筆跡を参考に制作。背景には、再現された首里王府の公印の印影や、正殿の絵も描かれている。その色合いは、火災からの再建時に使われる予定の県産塗料「久志(くし)間切弁柄」の朱色に近づけたという。

 今帰仁城は、なだらかな曲線…

この記事は有料会員記事です。残り205文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
沖縄はいま

沖縄はいま

続く本土との溝、揺れる米軍基地問題。沖縄でいま、何が起きているのか。[記事一覧へ]