またやってきた「でかいやつ」がもたらした、一瞬の緩み

有料会員記事

高久潤
[PR]

特派員メモエルサレム

 エルサレム旧市街では4月以降、イスラエル治安部隊パレスチナ人の衝突が続いている。理由は様々。私が訪れた日も、人出による混乱を防ぐためか旧市街への入場が一時的に制限されていた。

 記者証を見せても、問答無用で「だめだ」。人々のいらだちは高まり、しかめっ面に。「強行突破」を試みる人たちが出始めた。予感した。あ、来るな、あのでかいやつが。そしてやっぱりやってきた。

 体を黒光りさせながら現れたのは、治安部隊の隊員がまたがる馬だ。日本でみられるサラブレッドとは違う。いかつい。年長世代ならば、漫画「北斗の拳」でラオウが乗っていた馬に似ていると言えば伝わるだろうか。

 もみ合いの末にこの馬たちが…

この記事は有料会員記事です。残り220文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら