90歳のマダムが記念のコーヒーを60円で提供 開業70年の喫茶店

有料記事

机美鈴
[PR]

 大阪・堺にある老舗喫茶店「茶房カオル」の名物は濃いコーヒー。そして90歳の通称「マダム」、曽我孝子さんだ。開業70周年を迎える5日、通常480円のコーヒーを1杯60円で提供する。

 店は曽我さんが夫の貫二さんと1952年に開いた。うどんが1杯20円の時代に、60円のコーヒーは嗜好(しこう)品。「3カ月続けばええやろ」と言われながら、コーヒーの深い味わいは本物志向のお客さんに受け入れられていった。

 5年ごとの開業記念日は感謝の気持ちを込めて開業当時の価格でコーヒーをふるまってきた。

 貫二さんは2年前に亡くなり…

この記事は有料記事です。残り270文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!