逮捕の祖母ら「水かけるよう外出先から指示」 熱中症死の女児に

有料会員記事

[PR]

 大阪府富田林市の団地で2歳の女児が熱中症で死亡した事件で、保護責任者遺棄容疑で逮捕された祖母(46)と内縁の夫(50)が「(容体急変の)連絡を受け、女児に水をかけるよう外出先から指示した」と説明していることが、捜査関係者への取材でわかった。女児が入れられていたベビーサークルの柵は板で覆われ、風通しが悪かった可能性がある。府警が当時の状況を調べている。

 逮捕されたのはいずれも富田林市小金台4丁目、無職の小野真由美と、自営業の桃田貴徳の両容疑者。

 捜査1課によると、2人は6月29日午前5時ごろ、小野容疑者の孫の小野優陽(ゆうは)ちゃんを団地3階にある自宅の洋室のベビーサークル内に閉じ込め、2人の実子である5歳男児を連れて外出。午前7時40分ごろに小野容疑者の四男(15)も外出し、優陽ちゃん1人になった。四男が午後4時ごろに帰宅し、ベビーサークル内で優陽ちゃんが倒れているのを見つけ、小野容疑者に連絡したという。

 捜査関係者によると、優陽ち…

この記事は有料会員記事です。残り436文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら