娘が命かけて守った孫、天真らんまんな笑顔取り戻したい 祖母の1年

有料会員記事

山崎琢也
[PR]

 孫娘(5)が色鉛筆で描いた絵は、母親とソファでくつろぐ姿だった。

 5月、アパートの一室。祖母の小磯洋子さん(72)は「ママに見せてあげようね」と骨つぼの前に絵を供えた。

 「ママ」は小磯さんの長女の西沢友紀(ゆうき)さん(当時44)。1年前、静岡県熱海市伊豆山(いずさん)の自宅アパートが土石流にのみ込まれ、亡くなった。

 友紀さんは、何度かに分かれて押し寄せる土石流の合間に、先に外に出た夫に窓から娘を預けると、また襲ってきた土石流に建物ごと流されてしまった。一緒に逃げようとした直後だった。夫と娘は九死に一生を得た。

 小磯さんと友紀さんは1日に…

この記事は有料会員記事です。残り759文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら