「ロシアの行為は遺憾。政府は再エネ強化を」立憲・泉氏

参院選2022立憲

[PR]

立憲民主党泉健太代表

 ロシアの(資源開発事業「サハリン2」の譲渡命令に絡む)行為は極めて遺憾だ。ロシアは国際的なビジネスの信用を失うことになるだろう。(日本にとっては)エネルギーの安定供給が最優先なので、ロシアからLNG(液化天然ガス)が入ってこないとなった場合、政府は(エネルギー)供給の安定化に全力を尽くさなければならない。エネルギーのひっぱくや節電が問題になっており、政府はもっと再生可能エネルギー省エネへの取り組みを強化すべきだ。

 (原発再稼働を求める声があるが)エネルギーが足りなくなったから(規制)基準を変えて再稼働を早めるのはあり得ないこと。何よりも安全が大事で、規制基準、地元合意、避難計画に十分に従って(再稼働についての)審査は行われるべきだ。(2日、長野県松本市内で記者団に)

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]