買い物に出た10分後、自宅は土石流にのまれた 熱海に越した翌日に

有料会員記事

黒田壮吉
[PR]

 災害関連死を含め28人の死亡・行方不明者が出た静岡県熱海市土石流の発生からまもなく1年。中国人の男性は、熱海に宿泊施設をオープンさせようと転居してきた直後に自宅を流された。被災後の生活を支えてもらった地域への恩返しとして、開業準備を諦めずに進めている。

 昨年7月3日午前10時20分ごろ、徐浩予(じょこうよ)さん(29)は雨が降り続くなか、同市伊豆山の自宅を出て買い物に出かけた。前日夜に東京からの引っ越し作業が終わったばかりだった。

 この行動が生死を分けた…

この記事は有料会員記事です。残り891文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら