数十年かけて咲くリュウゼツラン、ついに開花? 民家のつぼみ評判に

高田純一
[PR]

 和歌山市永穂(なんご)の宮崎多恵さん(66)の自宅庭で、数十年かけて花を咲かせるというアオノリュウゼツランが茎を伸ばし、つぼみをつけた。開花するのでは、と近所でも評判になっている。

 和歌山県植物公園緑花センターによると、アオノリュウゼツランはメキシコ原産で、植えてから30~50年後に開花するといわれている。開花時期になると株の中心から茎が出てきて、1日に10センチほどずつ伸び、やがて黄色い花を咲かせるという。

 宮崎さんは5月20日、茎が伸びていることに気づいた。高さはすでに1・8メートルほどあったという。その日からスマホで毎日撮って、成長を記録している。6月14日にはつぼみをつけ始めた。現在、高さは6メートルほどになった。

 アオノリュウゼツランは60年以上前から庭にあったという。ただ、誰が植えたのかは分からないそうだ。宮崎さんは「小さい頃は大きなアロエみたいだねと姉と話していた。本当に咲くかしら」とつぼみを見上げた。(高田純一)