ADHDと診断、集中力を生かして葉っぱアート 「得意を仕事に」

有料会員記事

浅田朋範
[PR]

 葉っぱを切り抜いて作った切り絵の作品展が、近鉄百貨店奈良店6階(奈良市西大寺東町2丁目)で開かれている。5日まで。

 作者は「リト@葉っぱ切り絵」さん。小さい頃から集中力が人一倍強く、細かい作業にも長時間没頭できた。ADHD(注意欠如・多動症)と診断され、得意なことを生かす仕事をしようと、2020年から独学で葉っぱを使った切り絵づくりを始めた。インスタグラム「リト@葉っぱ切り絵」のフォロワーは44万人を超える。

 今回は、奈良のご当地作品として鹿や五重塔がデザインされた「葉っぱの時間旅行~奈良時代~」や、草木や動物がモチーフの「春風に乗ってどこまでも」など20点を展示。会場ではポストカードやクリアファイルなどの販売もある。

 来場した京都府木津川市の釘…

この記事は有料会員記事です。残り76文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら