「私の試合を見ると…」 世界2位の彼女が幸せ大臣と呼ばれる理由

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 注目されるほど、力が出るタイプだと自覚している。プレッシャーは特に感じない。

 世界ランキング2位に駆け上がっても、だ。

 1日、テニスのウィンブルドン選手権の女子シングルス3回戦に登場したオンス・ジャブール(チュニジア)は、大勢の観客で埋まったセンターコートを存分に味わっていた。

 終始落ち着いてプレーし、世界77位のディアヌ・ペリー(フランス)を寄せつけない。

 6―2、6―3。1時間8分で勝利した。ウィンブルドンでは、これで2大会連続4回戦へ進んだ。

 昨年、人生が変わった。

 英バーミンガムで行われた大会の女子シングルスで優勝。母国での注目度が急上昇した。

 「みんな私のことを追いかけてくれる。そして、もっといい結果を出すと期待してくれてもいる」

 そんな中でつけられたあだ名は「幸せ大臣」。

 1、2年ほど前から、そう呼…

この記事は有料会員記事です。残り614文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら