スクイズ2度失敗、からの逆転打 室蘭栄・佐藤新大選手

松本英仁
[PR]

 2日、高校野球南北海道大会室蘭地区Aブロック代表決定戦、苫小牧中央5―4室蘭栄

 六回裏、1点を追う室蘭栄は無死満塁の好機を築いた。佐藤新大一塁手(3年)は、西崎和仁監督から「スクイズ、いけるか」と問われ、「いけます、と答えちゃいました」。しかし、変化球を2度ともファウルにしてしまう。

 「打つしかない」。腹を決め、同じ変化球に食らいついた。打球を左翼線へ運び、走者一掃の逆転二塁打となった。「芯でとらえたものの微妙な位置に飛んだ。打球に3年間やってきた気持ちが乗った分だけ安打になった」

 だが、2点のリードが「ここで抑えれば、流れが来る」と、エースの住吉壮野主将(同)を力ませた。打ち取った当たりが内野二塁打になる不運もあり、同点にされると、犠飛で勝ち越された。「気持ちの切り替えがうまくいかず、(自分自身に)負けました」と住吉主将。

 それでも大会屈指の好投手、苫小牧中央のエース斉藤優汰投手と互角に戦えたことに胸を張った。「犠打で好機を広げ、決定打を出すチームの持ち味。理想形を出せた」(松本英仁)