ロシア軍、非人道的兵器のクラスター爆弾使用の疑い 市長がSNSに

有料会員記事ウクライナ情勢

リビウ=丹内敦子
[PR]

 ロシアが制圧を目指すウクライナ東部のドンバス地方では、2日も激しい戦闘が続いた。ドネツク州スラビャンスクでは、ロシア軍の攻撃で4人が死亡。クラスター爆弾の使用が疑われている。

 スラビャンスクのリャフ市長は2日、前夜のロシア軍の攻撃で4人が死亡、7人が負傷したとSNSに投稿。非人道的な兵器とされるクラスター爆弾で街が攻撃されているとも記した。

 米シンクタンク戦争研究所(ISW)は、ルハンスク州のリシチャンスクでは、ロシア軍が南と南西に攻撃を仕掛けてリシチャンスクを取り囲み、ウクライナ軍の兵站(へいたん)ルートを切断しようとしていると分析。オデーサ州やミコライウ州などではロシア軍がミサイル攻撃を続けているとした。

 ISWはさらに、ロシア政府…

この記事は有料会員記事です。残り261文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら