「何でこの時期にロシア料理?」ユーチューバーが誹謗に返信するわけ

有料会員記事参院選2022

伊藤繭莉
[PR]

 インターネットのSNSなどでの誹謗(ひぼう)中傷が深刻化しています。被害者を守らなければなりません。ただ、厳罰化などの法制化が進む一方、言論の自由などの課題も指摘されます。淑徳大コミュニティ政策学部3年の臼田樹生さん(21)=写真右=と安原悠翔さん(21)=同左=といっしょに、千葉市出身の人気料理研究家、リュウジさんに会いに行き、自身が誹謗中傷を受けた経験や考えを聞きました。(伊藤繭莉)

 「気持ちが悪い」「マジでいなくなってほしい」「死ね」「詐欺師」

 リュウジさんに対して、これまでSNS上で投げつけられてきた言葉だ。「いまも結構ありますね。最初は落ち込みましたけど、もう慣れました」

 料理研究家としてSNSでレシピを発信する。動画チャンネル「料理研究家リュウジのバズレシピ」が人気で、310万人が登録。多くのテレビ番組にも出演する。SNS上では好意的なコメントが多数を占めるが、常に誹謗中傷にもさらされてきた。

中傷「仕方ない」は間違っている

 「有名人なのだからある程度…

この記事は有料会員記事です。残り1812文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]