高レベル放射性廃液、8時間冷却できず 青森・六ケ所村の再処理工場

有料会員記事

土肥修一
[PR]

 日本原燃は3日、青森県六ケ所村使用済み核燃料再処理工場で、高レベル放射性廃液を貯蔵するタンクが、約8時間にわたり冷却できない状況になっていたと発表した。その後、冷却機能は回復して廃液漏れなどは起きておらず、周囲への影響もないという。同社が原因を調べている。

 原燃によると、タンクの冷却水の流量低下に気づいた当直員が2日午後10時ごろ、タンク内の廃液の温度が通常の24度から32度に上昇していることを確認。調べたところ、冷却水が流れる配管内の仕切り弁が閉じているのが見つかった。午後11時45分ごろに弁を開けると水量は戻り、廃液の温度は低下した。仕切り弁は午後3時半ごろから閉じていたが、原因は不明という。

 廃液は使用済み核燃料を処理…

この記事は有料会員記事です。残り173文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら