「14塁打記録、抜く選手出てきて」 中日・平田良介の大阪桐蔭時代

有料記事

山田佳毅
[PR]

 第104回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)は各地で甲子園をめざす熱い戦いが続いている。第87回大会で4強入りした大阪桐蔭で、1試合3本塁打の大会タイ記録を残したプロ野球中日ドラゴンズ平田良介選手(34)が球児たちへメッセージをおくった。

 ――3本の本塁打、覚えていますか。

 よく覚えています。1本目は(左翼へ)ギリギリだったんですが、2本目は左中間へ完璧に打てました。3打席目はフェンス直撃の二塁打。その後に打った3本目の本塁打は、バックスクリーンに入りました。

 ――当日、寝違えて首を痛めていたとか。

 そうです。試合の日、朝起き…

この記事は有料記事です。残り1572文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。