タクシー降りようとした姉妹を包丁で刺した疑い 知人の男を逮捕

山中由睦
[PR]

 知人の姉妹を包丁で刺したとして、沖縄県警は3日、同県浦添市安波茶1丁目の自称会社員兼次克也容疑者(29)を殺人未遂容疑で緊急逮捕し、発表した。「刺したことは間違いない」と容疑を認めているという。刺された2人の命に別条はないという。

 宜野湾署によると、3日午前1時40分ごろ、同県宜野湾市内の駐車場に停車していたタクシーから、30代と20代の姉妹が降りようとしたところ、兼次容疑者が乗り込んできて、2人の腹部などを刺したという。

 兼次容疑者は包丁を置いて車で逃走。午前5時ごろ、緊急配備をかけていた警察官が現場から1~2キロ離れた場所で発見し、緊急逮捕した。

 署は、兼次容疑者と姉妹との間に過去にトラブルがなかったか調べている。(山中由睦)