釣りしていた男性が海に転落して死亡、落雷が原因か 島根・出雲

[PR]

 3日午後2時50分ごろ、島根県出雲市大社町日御碕(ひのみさき)の岩場で、人が海中に転落しているのを、渡船業者が発見し、119番通報した。県警出雲署によると、転落したのは岡山県倉敷市粒浦の型枠大工、入江啓介さん(51)で、約1時間半後に搬送先の病院で死亡が確認された。署は落雷で死亡したとみている。

 署によると、入江さんは同日早朝、渡船で約350メートル離れた磯場に渡って釣りをし、迎えの船が転落を発見したという。

 広島地方気象台によると、3日早朝から島根県全域に雷注意報が出ていた。