「なぜ孫は死んだのか」豪雨で決壊したため池、国は動き出したが…

有料記事

新屋絵理
[PR]

 2018年に西日本豪雨が襲った広島県では、ため池が土砂崩れで決壊し、3歳の女児が巻き込まれ亡くなった。全国のため池の数は15万を超えるが、江戸時代など古くに造られたものもあり、管理が行き届いていない。女児の死をきっかけに、国も動き出した。

 「ここで平穏に暮らしていたのに、思いもしないようなことになって」

 孫を亡くした甲斐恭隆(やすたか)さん(73)は草が生い茂る福山市の自宅の跡地に立ち、つぶやくように言った。妻(70)と2人暮らし。隣の離れには次男とその妻、2人の孫が暮らしていた。

責任はだれに 訴訟での思わぬ「壁」

 4年前の7月7日。夕食を終えると、「重機が走るような音」がした。

 「水がきよる!」

 妻が離れの玄関を開けて叫ん…

この記事は有料記事です。残り1175文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!