ロシア、ルハンスク州全域を掌握か ウクライナ側は陥落を認めず

有料会員記事ウクライナ情勢

坂本進、根本晃
[PR]

 ロシアのショイグ国防相は3日、ウクライナ東部ルハンスク州でウクライナ側の最後の拠点となっていたリシチャンスク市を制圧し、同州全域を掌握したと宣言した。ロシア軍は同州とドネツク州を含むドンバス地方の完全制圧を狙っており、今後ドネツク州の攻防が激しくなる恐れがある。ウクライナ側は、リシチャンスクの陥落を認めていない。

 ロシア国防省は3日、ショイグ国防相がプーチン大統領に、ルハンスク州の親ロシア派が名乗る「ルガンスク人民共和国」を「解放した」と報告したことをSNSで明らかにした。プーチン氏の盟友でロシア南部チェチェン共和国のカドイロフ首長も3日、リシチャンスクを「ウクライナから解放した」とSNSに投稿した。

 ルハンスク州では、5月半ば…

この記事は有料会員記事です。残り597文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら