台風4号、5日に九州上陸か 暖かく湿った空気で東、北日本も大雨に

吉沢英将
[PR]

 台風4号は4日、東シナ海を北上し、次第に進路を東寄りに変えて5日は九州に上陸するおそれがある。気象庁は西日本では6日にかけ、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒を呼びかけている。

 奄美地方や九州では5日にかけ、四国では6日にかけて大雨となるおそれがある。5日午前6時までに予想される24時間雨量はいずれも多いところで、九州南部、四国200ミリ▽九州北部、近畿150ミリ▽奄美120ミリ。

 一方、東日本から北日本では高気圧の縁をめぐって吹く暖かく湿った空気などの影響で大雨となるところがある見通し。5日午前6時までの24時間では、東海、関東甲信100ミリ▽北海道、東北80ミリ▽北陸60ミリ――と予想されており、同庁は土砂災害などに警戒を呼びかけている。(吉沢英将)