中国海軍のフリゲート艦、尖閣周辺の接続水域に入る

成沢解語
[PR]

 防衛省は4日朝、中国海軍のフリゲート艦1隻が尖閣諸島沖縄県)の接続水域に入るのを確認したと発表した。中国海軍の艦艇がこの接続水域に入ったのを確認したのは2018年6月以来、4回目。外交ルートで中国側に対して抗議し、再発防止を求めたという。

 同省によると、フリゲート艦は4日午前7時44分ごろ、沖縄県の魚釣島南西の接続水域に入った。同50分ごろ、接続水域から出て、西南西に向けて航行したという。海上自衛隊護衛艦が情報収集と警戒監視にあたったという。

 接続水域は領海(沿岸約22キロ内)の外側約22キロ内。尖閣諸島周辺をめぐっては中国海警局所属の公船「海警」が領海侵入を繰り返している。(成沢解語)