最多所得は自民・元栄氏の12億9261万円 衆参578人のうち

[PR]

 衆参両院が4日に公開した国会議員(計578人)の2021年分の所得等報告書について、所得が最も多かったのは自民党の元栄太一郎参院議員(46)で12億9261万円だった。

 元栄氏は弁護士で法律関連サイトを運営する「弁護士ドットコム」の創業者。2016年の参院選で初当選した。

 所得総額のうち、最多を占めたのが投資信託の配当で7億9775万円。投資信託の譲渡による所得が4億639万円だった。このほか、議員歳費などによる給与所得は2119万円、私募債の利子による所得が5822万円などだった。