「あの時電話していれば」後悔消えず 自慢の両親、孫に伝えたいこと

有料会員記事

長妻昭明
[PR]

 熊本県合志市の鍜治屋博子さん(59)は2年前の決断をずっと後悔している。

 2020年7月3日夕。自宅でぼんやりテレビを見ていると、突然、翌日の未明から熊本県南部で大雨が降るとのニュースが飛び込んできた。県南部の人吉市には父の國本一(はじめ)さん(当時80)と母の洋子さん(同79)が住んでいた。

 「大丈夫かな」。心配になり、受話器を手に取った。「気を付けてね」と伝えようとした。しかし、前日に両親から電話があり、長く話したことを思い出して「まぁいっか」と受話器を置いた。

 翌朝6時半、家の電話が鳴った。「大雨で避難しとるばってん、あんたの父さんと母さんがまだ逃げとらん」。人吉市に住む叔母が切羽詰まった声で言った。

 すぐに父に電話するとつなが…

この記事は有料会員記事です。残り1688文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら