「社会復帰して心身回復を」懲役5年に母親側が控訴 5歳児餓死事件

中山直樹
[PR]

 福岡県篠栗町で2020年4月、三男の翔士郎ちゃん(当時5)を餓死させたとして保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の碇(いかり)利恵被告(40)について、同被告の弁護人は、福岡地裁の懲役5年(求刑懲役10年)の判決を不服として、福岡高裁に1日付で控訴した。

 弁護人によると、被告の親族らが、被告が社会復帰して心身の回復に努めることを望み、被告もその意向に同意した。控訴審で減刑を求める方針。一方、福岡地検は1日、控訴をしないことを明らかにしていた。

 判決によると、碇被告は20年4月、篠栗町の自宅で翔士郎ちゃんの食事を長期間制限し、餓死させた。公判で弁護側は、被告は当時「ママ友」の赤堀恵美子被告(49)=同罪などで起訴=から生活を支配され、適切な判断ができない状態だったとして、執行猶予付き判決を求めていた。(中山直樹)