• アピタル

がんと闘う「がんママ」の声を冊子に AYA世代、治療と育児に悩み

有料会員記事

本間ほのみ
[PR]

 がんのママさんが生きやすい社会になってほしい――。がんと闘病する母親の思いを集めた冊子「がんと診断された子育て中のママたちの声 36名が語るライフストーリー」が完成した。がんのママたちが集い、語り合う「がんママカフェ」のメンバーが企画。治療の副作用や病気の進行で、思うように育児や家事、仕事ができずにいる切実な声がつづられている。

 「がんママカフェ」は、東京都多摩市の老舗レストラン「カフェ・ド・スール」で月に1回程度開かれている集いの場だ。

 主催するのは、元ソーシャルワーカーの井上文子さん(52)と、同店主の田原愛子さん(68)。2人とも乳がん経験者だ。

 2014年のスタート後、都…

この記事は有料会員記事です。残り742文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら