第4回「党の顔」は大阪府知事 維新の全国化へ、吉村洋文氏頼みのジレンマ

有料会員記事参院選2022

新谷千布美、小手川太朗
[PR]

 大阪発祥の日本維新の会は、今回の参院選で全国政党となるための階段を上ろうとしている。この国政選挙をきっかけに全国に根をはわせ、次の衆院選で「野党第1党」へ、ともくろむ。その足元とは。

 参院選の初日、維新はこれまでの国政選挙で見せてこなかった戦い方を示してみせた。

 6月22日、京都市中心部の四条烏丸交差点。副代表の吉村洋文大阪府知事(47)が初めて、国政選挙の第一声で大阪以外の地に立ち、演説したからだ。

「まるでアイドルだね」街頭に人だかり

 「自民党と対峙(たいじ)で…

この記事は有料会員記事です。残り1628文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]