勾留中の被告が脱水症状 熱中症で死亡か 京都府警の留置場

[PR]

 京都府警京丹後署の留置場に勾留されていた60代の女性被告が脱水症状を起こし、死亡していたことが4日、捜査関係者への取材でわかった。当時、同署のエアコンは故障し、移動式のエアコンを使っていたといい、熱中症で死亡した可能性もあるという。

 府警によると、被告は窃盗罪で起訴され、同署に勾留されていた。6月29日午後8時ごろに署員が声かけした際は応答があったが、30日午前7時すぎの呼びかけには応答がなく、その後に死亡が確認された。女性から基礎疾患の申告はなかったという。

 京都地方気象台によると、京丹後市では29日に最高気温33・3度を記録。翌30日午前3時ごろまで気温が25度を上回っていた。

 京丹後署の小林文彦副署長は取材に「心よりお悔やみ申し上げる。原因については調査中であるが、今後とも被留置者の動静や健康面については十分に留意してまいりたい」と答えた。