YouTuberから得たミステリーの着想 結城真一郎さん新刊

有料会員記事

田中瞳子
[PR]

 YouTube、マッチングアプリ、リモート飲み会。結城真一郎さん(31)の新刊『#真相をお話しします』(新潮社)は、ここ数年で身近になった道具をミステリーに持ち込んだ短編集だ。「最新のツールによって、人間の欲望が今までにない形で発露している。現代だから通じる動機を書こうと思いました」と結城さんは話す。

「迷惑系YouTuber」から生まれた物語

 2018年に『名もなき星の哀歌』で新潮ミステリー大賞を受賞し、翌年同作でデビュー。以来、順調に作品を送り出してきた。

 昨年、日本推理作家協会賞短編部門を受賞した「#拡散希望」も本作に収録している。高齢者が多く、子供は4人しかいない島が舞台。そのうちの一人である少年が主人公だ。小学3年生の夏休みに、友人の少女から「一緒にYouTuberにならない?」と持ちかけられる。しかし少年の母親は、その子と「仲良くするのは、考え直した方が良い」とまで言う猛反対ぶりだった。同じ日に、島を訪れたYouTuberの男性が刺殺された。この日を境に島の人たちは子供たちによそよそしくなる。さらに、YouTuberになろうと誘ってきた少女が断崖絶壁から転落死した。

 再生回数を稼ぐために犯罪行…

この記事は有料会員記事です。残り460文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら