台風4号、5日朝に九州上陸か 西日本と東海は土砂災害に厳重警戒

吉沢英将
[PR]

 台風4号の影響で4日、西日本の太平洋側を中心に非常に激しい雨が降ったところがあった。5日朝には、九州に上陸するおそれがある。気象庁は西日本と東海では6日にかけ、土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけている。

 同庁によると、台風4号は4日午後6時、長崎県五島市の南を北北東へ進んだ。中心気圧は996ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。午後6時までの1時間あたりの降水量の最大値は、鹿児島県鹿屋市で71・0ミリ、高知県四万十市で68・5ミリなどと非常に激しい雨に。5日午後6時までの24時間予想雨量はいずれも多いところで、四国250ミリ▽近畿200ミリ▽九州南部180ミリ▽九州北部、東海150ミリ▽奄美80ミリ。

 このほか、東日本や北日本でも大気の状態が非常に不安定になり、非常に激しい雨が降ったところも。北海道上士幌(かみしほろ)町では1時間に57・0ミリを観測した。5日にかけて大雨となるところがあるといい、同庁は土砂災害に厳重な警戒を呼びかけている。5日午後6時までの24時間雨量は、多いところで、北海道、東北、関東甲信80ミリ▽北陸60ミリと見込む。(吉沢英将)