強まるLNG不足感、米供給基地が火災で停止 大ガスは代替調達へ

有料会員記事

野口陽、宮川純一
[PR]

 大阪ガスは4日、液化天然ガス(LNG)の主要調達先である米テキサス州の基地が火災の影響で10月上旬まで操業が止まると発表した。代替調達などに330億円超の費用が発生する恐れがあるという。ロシアのウクライナ侵攻以降悪化しているLNGの調達環境がさらに厳しくなりそうだ。

 この基地は、米フリーポート…

この記事は有料会員記事です。残り503文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら