蔵王連峰の風力発電、宮城県知事が反対明言 「山、森をつぶせば…」

有料会員記事

根津弥、三井新
[PR]

 宮城、山形県境の蔵王連峰で関西電力大阪市)が進める風力発電事業計画について、宮城県村井嘉浩知事は4日の定例会見で、「反対だと明確に申し上げる。住民が不安に思っている」と述べた。これまでも環境への悪影響などに懸念を示してきたが、反対を公言したのは初めて。

 環境影響評価法に基づく宮城県の意見は、専門家の意見を踏まえた上で8月上旬までに関電側に伝えるとしている。村井知事は会見で「築き上げてきた宮城の山、森をつぶせば、つくり直すには数十年、下手すれば100年かかる」と指摘。事業を止める権限が国にしかないとの見解を示したうえで、「我々にも(事業を)止めさせる、ある程度の力を与えていただきたい」と注文した。一方で「再生可能エネルギーに全部反対しているわけではない。平野部、海などの活用は促進したい」とも語った。

 この日は会見に先立ち、川崎…

この記事は有料会員記事です。残り244文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら