電話で投票呼びかけようとしたが…KDDI障害、思わぬ余波に戸惑い

有料会員記事

[PR]

 携帯電話大手KDDIの大規模な通信障害によって、生活や仕事に欠かせない携帯電話が4日午後まで、通話しにくい状態が続いた。台風が近づくなか、避難所と一時連絡がとれなかったほか、参院選の活動や配達などにも影響があり、困惑が広がった。

 宮崎県日南市は4日、台風4号の影響で大雨に見舞われ、午前8時半に市内の一部(約9千世帯)に避難指示を発出。避難所を開設したが、直後にauの携帯電話の回線を使ったIP無線がつながりにくくなり、避難所の職員との定時連絡が一時できなくなった。個人携帯や避難所にある固定電話でやり取りしたという。

 さらに、避難指示が出たことを伝える市の緊急速報メールが、auを使っている複数の職員に当初配信されず、約15分後に届いたという。市民に遅れて配信された可能性が高いという。

 沖縄気象台によると、台風4号が沖縄県に接近した2~3日には、県内の観測所10地点でアメダスのデータが受信できず、雨量や風速などが更新できなかった。

 気象庁によると、全国のアメダス1284地点のうち、2日には最大約500~550の観測点のデータを受信できなくなった。4日正午時点でも51地点で受信できなかったが、通信状況の復旧にともないおおむね改善したという。

 気象警報・注意報や天気予報の発表については、気象レーダー気象衛星を活用しているため影響はなかったという。

カツ丼の配達から参院選まで…広がる影響

 auのスマートフォンを使う配達員の男性(30)=大阪市浪速区=は2日、カツ丼を配達するマンションの部屋番号を確認するため客に電話しようとしたが、つながらなかったという。

 会社に連絡しようとしたが…

この記事は有料会員記事です。残り1627文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年7月4日22時19分 投稿
    【視点】

    参院選のまっただなかですが、選挙における「電話かけ」は古典的な手法ながら、やったことがある人たちに聞くととても有効なのだそうです。かけていると対話に発展することも珍しくなく、長電話になることもあるそうな。このため、選挙戦への影響を心配する声