要介護認定、利用者に寄り添っている?施設管理者が求める安心の制度

有料会員記事参院選2022

岩本修弥
[PR]

 神戸市灘区の地域密着型通所介護「ウェルケア・デイサービス」は5月、新しい取り組みを始めた。

 服を着たまま洗髪できる「楽まんまシャンプー」だ。界面活性剤の少ない特別なシャンプーをなじませ、スチームの蒸気で洗い流す。持病などで服を脱ぐことが困難な高齢者にとって、気軽にできる洗髪は汗ばむ季節の癒やしになる。

 「どこがかゆい?」。6月上旬、施設の管理者で介護福祉士の福山美里さん(49)が尋ねると、利用者の田川しげ子さん(86)は「前の方」と一言。「2日ぶりのシャンプーで気持ち良いわ」とほほえんだ。

参院選の一票、あなたはどんな思いを込めますか――。商店街で、イベントで、公共施設で。「ひょうごの街」に様々な関心を持って暮らす有権者を訪ね、話を聴きました。

 施設に風呂の設備がないこと…

この記事は有料会員記事です。残り502文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]