物価高騰…でも直売所は盛況 安さ、安心求めて「駆け込み寺」に

有料会員記事参院選2022

南島信也
[PR]

 長引くコロナ禍による疲弊に加え、物価高騰が人々の暮らしを直撃している。なにもかもが値上がりするなか、JAの産地直売所がにぎわいを見せている。

 6月下旬の日曜日。静岡県富士宮市にあるJAふじ伊豆のファーマーズマーケット「う宮(みゃ)~な」。開店の1時間以上前から客が集まり始め、午前8時半の開店時には約200人が行列をつくった。落花生が店頭に並ぶ7月下旬には500人以上が並ぶという。週末になると、付近の道路は駐車場に入りきれない車で渋滞ができるほどだ。

 開店と同時に、それぞれお目当てのコーナーへとまっしぐらに向かい、瞬く間に店内は客でいっぱいになった。トウモロコシや枝豆、スイカなどいまが旬の地元の農産物が所狭しと並ぶ。駿河湾の鮮魚が並ぶコーナーも併設されている。売り場面積は約950平方メートル、年間150万人が訪れ、売上高は年間約13億円を誇る県内でナンバー1の産地直売所だ。

 「う宮~な」は、「行列ので…

この記事は有料会員記事です。残り1042文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]