小論文挑戦ラスト回…NMB李始燕がのぞいた「200文字の宇宙」

構成・阪本輝昭
[PR]

NMB48のレッツ・スタディー!小論文編 李始燕さん③

 2020年度から始まった大学入試改革では、思考力や表現力がより重視されるようになりました。改革の先行きが不透明な中、どう勉強すればよいのか。NMB48のメンバーが書いた小論文を大手予備校・河合塾の講師に添削してもらい、ヒントを探ります。李始燕(イシヨン)さん(22)がお題を読んで挑戦しました。(構成・阪本輝昭)

今回のお題「おにぎりと具材を…」

「おにぎりと具材を丼鉢におさめたものや、平皿のご飯の上に具材を載せた料理も『丼物』と呼べるでしょうか」(200字以内)

李始燕さんの小論文

 課題にあるスタイルの料理はどんぶりものではない。なぜならどんぶりものは器に入ってるからこそご飯にタレが染みて、おかずとの一体感を作るのだ。そして片手で持って食べやすいし、定食とは違って早く食べられるので、便利さがある。だからこそどんぶりものだけの魅力があり、今でもどんぶりものをよく食べる人が多いわけだと思う。忙しい現代人にとってどんぶりものは、まさにうってつけではないか。

河合塾・加賀健司講師「ここを詳しく書いていれば…」

 出題と添削を担当するのは河合塾で小論文を指導する加賀健司講師です。

       ◇

 好きな丼物について自由に書いてもらった第一回、丼物を定義してもらった第二回……。回を重ねるごとに李さんの思考が深まっていく様子がうかがえます。

 三回目となる今回の小論文。「入れ物」としての丼鉢に目を向けているところに、観察力や感性の鋭さを感じます。

 和食は、入れ物にこだわります。そして入れ物こそが、料理の本質を示すことがあります。入れ物の形状から日本の食べ物の特質にアプローチしようとした手法は、実はとてもすぐれたやり方です。

 丼物は、その深底の形状ゆえに、タレがご飯にほどよく行き渡る。その結果、具材とご飯が渾然(こんぜん)一体となる。同時にお互いの存在感を失わず、魅力を引き出し合う料理になっている――。李さんは心の中にそういう論理を描いていたと思います。しかし、それを原稿用紙に落とし込めていない。「(具材とご飯の)一体感」という一言でまとめてしまったのが何とも惜しい。そこをふくらませて、具体的に書けていたらよかったですね。

 例えば、刺し身定食と海鮮丼の違い。

ほとんど同じ食材を使っているのに、料理としては別物です。私はどっちを食べたいかなあ――。そんなところを出発点として、今回のお題に対する答えを説き起こす方法もあったかも知れません。

 小論文とはいえ、個人的な経験や思い出を盛り込み、「自分」を前に出してもいいのです。大事なのは、それを単なる「自分語り」に終わらせず、赤の他人が読んでも「なるほど、そうだな」と納得できる「論」につなげられるかどうか。その意味では、李さんは「小論文の中で自分を出す」ところに少し遠慮やためらいがあったのかな、と思います。

 小論文もアイドルも、「こうあらねばならないのだ」という枠を自分で決めてしまうと苦しくなります。ときには自由に、ときには世の中や時代の変化に合わせて柔軟に。大事なのは、本質を見失わないことです。小論文でみせた李さんの豊かな感性が、アイドルとしてもきっと大きな武器になると思います。

李始燕さん「自分を疑う…それが小論文だった」

 今回の小論文、自信作でした。加賀先生から頂いた過去二回分の講評を読み返し、改善をはかったつもりです。でも今回の講評を読み、「もっと書くべきことがあったな……」と反省しました。

 加賀先生が指摘されている通り、丼物の特徴は、その入れ物にあると考えました。この形状の入れ物でなければいけない理由があるはず、と。

 日本の料理からは、確かに入れ物へのこだわりを感じます。日本にきて驚いたのは、一つの料理で出てくる食器のバリエーションの多さでした。ごはん茶碗(ぢゃわん)、細長いお皿、丸いお皿。さらに様々な形をした小鉢、汁椀(しるわん)……。材質も陶器だったり木製だったり、色々です。食材ごとに器を細かく分け、それぞれを一番おいしく食べる工夫なんだと思います。同時に「洗い物が大変だろうな……」とも。

 韓国だと定食もののおかずは平らなお皿で並べられることが多く、形状も材質も様々な食器で供される日本とは少し文化が異なります。

 ご飯も具材も一緒の器に入れる丼物は、日本の料理文化の中では異色な存在にみえます。それは、別々に味わっていては楽しめない、具材とご飯の「一体感」を楽しむための料理だからだと思います。

 だから、その一体感を感じられるかどうかが丼物といえるかどうかの境目だと考えて、結論を導いたつもりですが……。改めて読んでみると、確かに説明不足でした。

 自信作こそ、丁寧に読み返す必要がありましたね。小論文は「自分自身のことを疑う」学問だということを、改めて感じさせられました。

 貴重な学びを得ました。これから丼物を食べるときも、器の中をまじまじと見つめてしまいそうです(笑)。

 そういえば。日本は食器のバリエーションが豊かですが、言葉のバリエーションも多いですね。同じ意味をもつ言葉や表現がいくつも存在する。

 ある出来事やある感情を文章化する際に、言葉の選択肢がたくさんありすぎて、どれを選ぶべきか迷ってしまいます。それは、今回の小論文チャレンジでも感じたことです。もっともっと、日本語を学んで、センスのいい言葉の選び方を身につけたいです。

 NMB48で日本語の先生役として頼りにしているのは隅野和奏ちゃんや黒田楓和ちゃんです。和奏ちゃんは、同じような意味をもつ日本語の一つひとつについて、微妙なニュアンスの違いを教えてくれます。

 楓和ちゃんは、日本の同世代である若者が好んで使う言葉や言い回しをレクチャーしてくれることが多いです。例えば「397」で「サンキューな」(=ありがとう)。親しい友達どうしで、感謝の気持ちを伝えるときに使うのだと教えてもらいました。へえ~と感心しましたね。

 私のほうも、韓国の若者たちの間ではやっている言葉遊びや言い回しを伝授しています。NMB48という一つの器の中でお互いに存在感を失わず、魅力を引き出し合えるように……。私たちもそんな関係性を大事にしていきたいと思います。

サイン色紙が当たるプレゼント企画

記事の末尾で、李始燕さん出題のクイズがあります。正解者の方から抽選で3名様に、李さんのサイン色紙をプレゼント。当選のお知らせは発送をもって代えさせていただきます。

とけるかな?

 今回、久々に「高校時代の授業を思い出した」という李始燕さん。高校生のころ、一番好きだったという科目は以下のうちどれでしょう。

 ①美術②体育③世界史

 正解者の中から抽選で3名様に、李さんのサイン色紙をプレゼント。住所、氏名、電話番号を書き、7月19日までにファクス(06・6201・3143)か、NMB48連載担当のツイッター(@asahi_nmb48)へのメッセージでご応募ください。

李始燕さんプロフィル

 い・しよん 2000年、韓国生まれ。NMB48の「7・5期生」として昨年加入した。趣味は「食べること」。将来の夢は俳優、モデル。