台風4号、長崎県佐世保市付近に上陸 土砂災害に厳重警戒

吉沢英将
[PR]

 気象庁によると、台風4号は5日午前6時前、長崎県佐世保市付近に上陸した。これから西日本を進む見通し。同庁は西日本と東海では6日にかけ、土砂災害に厳重に警戒するよう呼びかけている。

 同庁によると、5日午前6時現在、台風4号の中心気圧は1千ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は18メートルで、最大瞬間風速は25メートル。同庁は長崎県雲仙市付近で午前6時までの1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられるとして、「記録的短時間大雨情報」を発表した。

 台風は今後、温帯低気圧に変わる見通し。6日午前6時までの24時間に予想される雨量はいずれも多いところで、四国、近畿250ミリ▽東海200ミリ▽九州北部150ミリ▽九州南部120ミリ。

 一方、東日本から北日本では太平洋高気圧の縁をめぐって吹く暖かく湿った空気などの影響で大気が不安定になっており、大雨となる見通し。6日午前6時までの24時間予想雨量は、いずれも多いところで、関東甲信120ミリ▽北海道、東北80ミリ▽北陸70ミリ――としている。(吉沢英将)