台風上陸、九州の交通機関に影響 「ソニック」など本数減らし運転

[PR]

 台風4号が九州に上陸した影響で、JR九州は5日午前10時現在、特急「ソニック」(博多―大分)や「かもめ」(博多―佐賀・長崎)、「ゆふいんの森」(博多―由布院)、「きりしま」(宮崎―鹿児島中央)などの本数を減らして運転している。在来線では鹿児島線(羽犬塚―玉名間)、日南線(青島―志布志間)で運転を見合わせている。日豊線(西都城―国分間)と豊肥線(熊本―水前寺間)、三角線(宇土―三角間)は運転を再開した。

 九州新幹線(博多―鹿児島中央)は通常通り運行しているという。

 西日本鉄道は西鉄柳川―大牟田間で運行を見合わせていたが、午前10時40分から順次運行を再開する。