第18回「どぶ板」派か、ネット派か 参院選の情報発信、各党に尋ねてみたら

有料会員記事参院選2022

小木雄太
[PR]

 固定の支持基盤がある政党は有権者と直接会うことを重視し、新たに国政に進出した政党はインターネットを駆使して支持拡大を狙う――。参院選候補者に情報発信の手段で重視するものを尋ねると、こんな傾向が見えてきた。2013年にネット選挙が解禁され、伝統的な手法は健在だが、新たな取り組みも広がりを見せている。

 朝日新聞社と東京大学谷口将紀研究室の共同調査で、候補者545人中、回答した512人を分析した。調査は、有権者や支持者との「直接的な交流」、「街頭演説」、「SNS」、「ビラ・パンフレット」など16項目から、最も重視する手段を尋ねた。

 直接的な交流は、創価学会を支持母体とする公明党が圧倒的で96%。次いで労働組合の中央組織・連合が支援する立憲民主党69%、国民民主64%。職域支部や地方組織を張り巡らせる自民党61%となった。固定の支持基盤がある政党ほど「どぶ板選挙」を重視し、まずは支持層の票固めを重視する傾向がうかがえる。

 社民党50%、日本維新の会

この記事は有料会員記事です。残り410文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年7月5日21時19分 投稿
    【視点】

    選挙の季節になると、候補者の悲痛な表情の顔写真とともに、支持者にゲキを飛ばしまくる公明新聞に注目します。「情勢緊迫」「○○危うし」といった危機感をかき立てる言葉が躍るのですが、よく使われるキーワードで印象的かつ象徴的なのは、「全人脈に総当た

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載朝日・東大共同調査(参院選2022)(全30回)

この連載の一覧を見る