第14回離婚の悩み、ツイッターなら言えた 男性が気づいた「家族」の多様さ

有料会員記事参院選2022

金沢ひかり
[PR]

 2017年、金融系の会社に勤める神奈川県在住の男性(34)は、仙台への転勤を命じられた。

 転勤を告げられた後、時間が空いた瞬間すぐにスマホを手にとった。実はその3日前、男性はのちに妻になる女性との交際を始めたばかりだった。

 女性に、LINE電話で転勤が決まったことを告げると、「でも付き合い始めてからでよかったよね。遠距離前提でつきあい始めることはできなかったかもしれない」と前向きにとらえてくれた。

 その女性とは、転勤から1年後、仙台で結婚。お互い初めての土地ではあるものの、飲み歩くのが好きな2人は、東北の地酒を飲み比べたりしながら、楽しく過ごしていた。「家事がシェアできるっていいなと気付いたのも、結婚してからでした」

 しかし、2人は2年目の結婚記念日を迎えることなく離婚することになった。

 きっかけは女性側の不貞行為…

この記事は有料会員記事です。残り1830文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載政治とくらし(全14回)

この連載の一覧を見る